カテゴリ:陶芸( 8 )

マグカップ

こんなマグカップを作りました。
b0238135_22335848.jpg

「いつも理夫は口ばかり・・・」

裏は
b0238135_2235054.jpg

信楽白土 織部釉に透明釉 字は弁柄  高さ105mm 直径83mm

ちょっと自虐的ですが、家族には大受け。
このカップで自分を鼓舞しながらコーヒーを入れたいと思います!

家族全員の分を作りました。
家族にはそれぞれに名前とメッセージを入れました。
「画家より、陶芸家の方が少しは近いんとちゃう?」

う、うん。確かに、そうかも・・・。汗汗



これは、姉に頼まれたお客様用ミルクピッチャー
b0238135_2238291.jpg

信楽赤土 松灰釉
[PR]
by kulakula2011 | 2014-07-12 22:48 | 陶芸

蓋付湯呑みとキウイの花

何と! 気が付けば半袖の季節。
1年の内でも数少ない最高のスケッチシーズンです。

でも今日は土曜日なので陶芸の日。本焼きをしました。
働き続ける窯の横で制作。今日は湯呑みを作りました。蓋付きです。
土の関係で3個作りました。
b0238135_22255444.jpg

b0238135_22264073.jpg


これは先週作ったマグカップ
b0238135_21453564.jpg


さて、引っ越しをして、ただ今実家暮らし。
家中、花だらけでモチーフには苦労しないのですが、
b0238135_2151625.jpg


こんな花も満開
b0238135_21524128.jpg
b0238135_21521335.jpg

庭に咲いてるキウイの花です。
すんごく綺麗で「描きたい」と思うのですが、
同時に考えることは、「摘果しなきゃ~。」(摘果=果実の実を若いうちに摘み取って他の実を大きくすること)

田舎暮らしは結構、やることが多いのです。
b0238135_21581297.jpg

これは↑リンゴ(津軽)
b0238135_2201756.jpg

これは↑別のリンゴ(フジ)
b0238135_22273126.jpg

これは↑イチジク
b0238135_2211577.jpg

これはスモモ(太陽)
b0238135_2221790.jpg

これは桃
b0238135_2225261.jpg

これは↑ネクタリン
b0238135_2244314.jpg

これは↑ラ・フランス
b0238135_2254246.jpg

これは↑梨
b0238135_22283494.jpg

これは↑別のスモモ(ソルダム)

まだまだ他にも沢山あります。
ほとんど全部1本ずつ!なんですが、うちの親が気ままに植えたので種類が多くて大変です。

花が綺麗な八朔
b0238135_2232062.jpg

こんなのもあります。柿です。
b0238135_2212457.jpg


そうそう、大根も花が満開です。白くて清楚でかわいい花です。
b0238135_22142146.jpg


母親がどうして絵を描かなくなったのか、すごくよくわかります・・・。
果物が沢山あるのは本当に有難いのですが。
[PR]
by kulakula2011 | 2014-05-17 22:33 | 陶芸

ゴブレットは陶器のワイングラスです。

土曜日は陶芸の日。
ゴブレットを作りました。

ゴブレットというのは、陶器のワイングラス
僕の周囲には、あまりワイン好きがいないんですが、とりあえずプレゼント用に作りました。
b0238135_1853164.jpg


チャームポイントは足元の透かし。
b0238135_19273637.jpg

土は、「信楽 古陶大」
この土、3mmぐらいの大きさの砂を混ぜてあって、ロクロで引くと指紋がなくなりそうになります。

完成は、9月下旬の予定です。


そうそう、今日の午前中、実家で庭の剪定をしました。
以前は自己紹介の欄に、趣味は剪定って書いていたぐらいで、これが結構面白いんです。
b0238135_19454622.jpg

これ↑ が、こんなに↓ なりました。
b0238135_19463354.jpg

暑くて倒れるかと思いましたが、楽しかったです。
[PR]
by kulakula2011 | 2013-08-03 20:20 | 陶芸

ゴブレット

土曜日はいつも陶芸をする日です。

空を見ると抜けるような青空。天気予報は下り坂

やっぱり陶芸に行こうか。それともスケッチに行こうか。
悩んだ末、午前中に陶芸、午後にスケッチという計画に。

今日、作ったのは、ゴブレットです。
ゴブレットというのは、要するに陶器のワイングラス

「ペアで」という要望があったので、時計を気にしながら2個作りました。

まずパーツを作ります。
b0238135_19535060.jpg

要するに、上のカップと、下の土台を別々に作るわけです。

それを合体
b0238135_19564579.jpg


大きさが分かりにくいので手に持ってみました。
b0238135_19595366.jpg


足元の色が違うのは、化粧土を塗っているからです。
さて、気に入っていただけるでしょうか。
[PR]
by kulakula2011 | 2013-04-20 20:04 | 陶芸

透かし高台ご飯茶碗

仕事が忙しかったのと体調不良でしばらく陶芸もしてません。
・・・が、随分前に作ったものがこの間完成したのでアップします。

自分で窯を持っていないので、焼くのはクラブの窯を使っています。
つまり共同で焼くのです。

今回作ったのは、要するに「ご飯茶碗」。
こだわったのは、高台の部分。「透かし」というか、穴が開いています。

以前、変形割れ高台に凝ったことがあるのですが、イメージは同じです。
高台から本体が浮いているイメージ

さてまず最初はこれ。土は、信楽の赤。
b0238135_19482726.jpg

から見ると、
b0238135_1948582.jpg

から見ると、
b0238135_19494862.jpg


次は、これ。
b0238135_19502822.jpg

から見ると、
b0238135_19511028.jpg

から見ると、
b0238135_1952076.jpg

夕日の中で写真を撮ったので色がわかりにくいですが、白い土にウグイス色がとっても綺麗です。

次のやつは、去年の夏(!)に作ってブログにも載せたものです。
完成まで8ヶ月もかかりました。笑 
b0238135_19535778.jpg

から見ると、
b0238135_19544396.jpg

もう一度、全体を、
b0238135_19552030.jpg

はこんな感じ。
b0238135_19555919.jpg

これが、今回一番のお気に入り。「浮遊感」があるように思うのです。

最後は、これ。これは形が綺麗だと思います。高台に特徴があります。
b0238135_19564668.jpg

真横から、
b0238135_19571846.jpg

から、
b0238135_19575445.jpg


今回、本焼きが終了したもの。
b0238135_19583294.jpg


釉薬はすべて、松の灰釉です。色が違って見えるのは、土そのものが違うから。

絵の方は、描いても描いても「欲しい」という人は現れませんが、汗
陶芸の方は、焼けたと思ったとたん、引き取り手が現れます。

「使ってもらえる」という喜びは、何物にも代えがたいもので~す。
[PR]
by kulakula2011 | 2013-03-14 19:47 | 陶芸

ご飯茶碗

陶芸ネタです。ご飯茶碗を作りました。

今回のポイントは、平たくて厚みがないところです。僕は非常に猫舌で、熱いものが苦手なので、深くて高さがあるものだとべたつく感じが残る気がしてイヤなんです。

b0238135_9374878.jpg

まだ素焼き前ですが、直径15cmほどです。

平たいので高台を少し高くしてみました。バランスを取るために少し工夫も。スケッチブックでイメージデッサンしていた通りに、「透かし」を入れてあります。

絵も同じだと思いますが、陶芸も完成予想図が頭にないまま作りかけてもうまくいきません。
いつも突然思いつくので、常に小さなスケッチブックを持っていて、その場で描き留めておくようにしています。
仕事で会議の最中でも書類の隅に描き留めます。

横から見ると、こんな感じ。
b0238135_9412687.jpg


もう1つのポイントは、口縁(こうえん)=器の淵の部分で口に当たるところ、です。薄くしようと思えばできるのですが、4mmぐらいに敢えて厚めに残してあります。
あまり上品な感じではないのですが、「メシを食べる」といった感じの方がご飯が美味しく感じられるからです。

大きい割に、あまりご飯は入りません。
友人には、ダイエットをしている女性にも良いかもと言われました。う~ん。
[PR]
by kulakula2011 | 2012-08-19 09:58 | 陶芸

藁白のコーヒーカップ

今日は、窯開きの日でした。

窯を開くのは、何度やってもドキドキする瞬間です。
頭の中では、神様のご協力で、とんでもなく最高の作品ができている図がグルグル回っています。

軽自動車よりも大きな窯です。厚さ30cmはある扉をゆっくりと開けて、レールに乗った車を引き出し、上段から作品を出して行きます。クラブの窯なので、みんなで協同作業です。

落ち着いてから自分の作品を探しますが、何故か見つかりません。白~くて変な高台の・・・・、あれ~? ない?
そこへ、「これとちゃうの?(これじゃないの?)」の声。
あ~あった。あっあれ? 黒~い。なんで? 神様、がんばりすぎた

よ~く、考えてみると、ロクロを挽いていた時からでした。
土は、信楽の白のはずなのに、何だか違うな~粘度が強いな~挽きにくいな~と。

「なかなか雰囲気良いね~。」と言われ、
ちょっと計算とは違うんですけど・・・。」とだけ答える僕。

何と、土を間違えるという初歩的ミス
まっ、釉薬が「藁白(わらじろ)」だったので、結果オーライ。

この意外性がクセになるんですね~。
これだから陶芸は、やめられまへん

b0238135_2234850.jpg

題して「タコ足5兄弟」 釉薬:藁白 土:不明

b0238135_2253128.jpg

裏側はこんな感じ。

b0238135_225837.jpg

これがお気に入りのペアカップ。

今回、焼いた器たち。
b0238135_227595.jpg

[PR]
by kulakula2011 | 2012-07-14 20:53 | 陶芸

-陶芸 本焼き

b0238135_15505662.jpg

本当に突然なんですが、僕は陶芸もやっています。
今日は、本焼きですが、なかなか温度が上がりません。時間がかかりそうです。
( ̄〜 ̄;)うーん。困った。
[PR]
by kulakula2011 | 2012-07-07 15:50 | 陶芸


たま駅長で有名な小さなローカル線、和歌山電鉄貴志川線に乗ってスケッチに出かけます。和歌山の片田舎から発信する透明水彩と陶芸です。


by kulakula2011

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

旅先用パレット
at 2018-08-08 21:38
久しぶりの野外スケッチ
at 2018-08-05 22:28
裸婦デッサン
at 2018-07-22 22:09
お鍋の取手
at 2018-07-07 19:52
デッサン用 鉛筆✏️
at 2018-06-30 23:28

以前の記事

2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2016年 12月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月

カテゴリ

全体
風景
静物
人物
陶芸
和歌山電鉄のこと
画材道具
その他
未分類

記事ランキング

メモ帳

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

最新のトラックバック

ライフログ

タグ

その他のジャンル

フォロー中のブログ

小さな散歩
ちょっとシニアチック W...
Akihiko Yama...
福井良佑の水彩画 Wa...
まめねこの日記
水々彩々、流れのままに。
デルフトブルー☆
空の鳥
文殊の綴り絵
はるさき水彩画blog
はる・なつ・あき・ふゆ
*sakuradome*
「夢舎」のつぶやき Ⅱ
こばやしのぞむ ブログ
彩りの日々
花の記
tedkimotoの水彩画
小林啓子水彩の部屋

外部リンク

ファン

ブログジャンル

アート・デザイン
陶芸

画像一覧