人気ブログランキング |

自画像と小野月世先生の筆

事情があって自画像を描きました。
b0238135_21312386.jpg
F4 ワトソン230g
恐らく学生の時以来だと思います。(その時は、油絵だったので、水彩では初めてかも) いつもは何かをしている方に「描かせて~。」とお願いするか、寝ている時にゲリラ的に描くことがほとんどで、じっと動かない協力的なモデル?を描くのは久しぶりなので、出来上がりが気持ち悪いことを除けば楽しかったです。爆笑

使ったのは、この筆。
b0238135_21341981.jpg
すごく良い筆です。オススメする理由がいくつかあります。
1. サイズが絶妙な上に1つしかない
 普段、多くの方が描かれる大きさの紙なら、このサイズでピッタリ。迷うことも間違えることもない。
2. 適度な腰と水含みの良さがあって、使いやすい
3. 普通の丸筆とキャッツタン筆という2種類
 両方ともオススメ。この2本で、大抵のものは描ける。
4. ズバリ、安い。
 丸筆が2000円。キャッツタンが2500円。使いやすさを考えれば、コスパ最高だと思います。リス毛とナイロンの混毛だそうです。

色んな先生の本を読ませて頂く中で、筆について具体的に言及している方は、割と少ないです。その中で小野先生オススメの筆はダントツで使いやすく、いつの間にか、その筆ばかり使っていました。今回、お名前が入った筆が発売されて、使いにくいはずがない!と、即決で購入しましたが、期待以上でした。「花を描かなければ。」という妙なプレッシャー?を感じさせる以外は。笑笑笑




# by kulakula2011 | 2019-06-26 16:49

Charles Reidさんに

メールのチェックをさぼっていたら、アメリカの知り合いからの連絡で、世界的に有名な水彩画家のCharles Reid さんが先日亡くなられたそうです。
ショックです。恐らく影響を受けた方は、世界中にいるのだと思います。私も初めて作品を拝見した時の衝撃は忘れられません。本当に魅力的な絵を描かれる方でした。
心からご冥福をお祈りします。

# by kulakula2011 | 2019-06-13 12:20 | その他

第107回日本水彩展へ行って来ました❗

週末を利用して行って来ました。
今年の絵
b0238135_18472366.jpg
「夢の続き」という題名です。ちなみに第26室。よほど注意しないと見逃してしまいます。皆さんの力作に本当に圧倒されてしまいました。今年の作品には納得してませんが、これが今の私の実力です。
今年、すごく嬉しいことが2つありました。(土)に小野月世先生の個展に行ったら、先生ご自身がおられて、お話を伺うことができたことが1つ。もう一つは、(日)に日本水彩展に行って自分の絵の前に来たら、小野先生とバッタリ。何と、ご自身の作品について最初の描き出しを写真を見せながら解説して頂きました! オマケに私の絵についてアドバイスも。本当に気さくなお人柄で失礼な質問にも笑顔で答えて頂きました。
昨年の関西展に解説のために来て下さった時も感じたのですが、小野先生はすごく理知的な方です。実は、それ以前、私は勝手に先生のイメージを作っていて(!)、きっとこの方は、本能的の赴くままに直感的に描きあげてしまう天才なんだと思ってました。(もしかして、すごく失礼なこと書いてます?) もちろん天才に違いはないのですが、解説を聞いていてもすごく分かりやすい! 唯一残念なのは、お話は理解しやすくても私が実践出来るかどうかは別だという事実。笑
大きな絵を描くのは、今年で終わりにしようと思っていましたが、小野先生始め、他の先生方や皆さんからパワーを頂きました。もう少し納得するまで頑張りたいと思います! 来年は、絶対頑張るぞ。←毎年同じ

# by kulakula2011 | 2019-06-09 18:42 | 人物

使える100均画材

と、言っても画材として使っているだけで、画材ではありません。
つまり、これ。
b0238135_22193674.jpg
3つともパレットなんですが、右の2つです。
上がキャンプ用のお皿で、下は、白い陶器のお皿。
特に下のやつは、凹み具合が絶妙でパレットとしてよく使います。
b0238135_22221308.jpg
4つの仕切りがあって、多い目の水で溶いた絵の具で描く時に重宝します。オススメです。

日本水彩展用の絵、ようやく完成させて送ってきました。満足度は、65%。ビミョーです。笑
ただ、最後の追い込みは良かった。やっと描き方を思い出した頃に終了です。
全国の同志の皆さんの満足度は、どうたったでしょう。
結局、絵を真面目に観て下さるのは、真面目に描いておられる方々なんですよね。たとえ批判されても、「きちんと観て下さってありがとうございます。」って感じ。


# by kulakula2011 | 2019-05-16 22:49 | 画材道具

第107回日本水彩展

今年で5回目の挑戦になります。
去年、出品した絵は、最悪でした。
結局、ブログにもアップしなかったぐらい。
多分、過去のどの出品作品よりも。
今年のやつは┅┅、2番目に最悪。涙 去年のやつよりは少しマシですが。
出品前にこんなこと言うのは言い訳じみてイヤなんですが、もしかしたら、公募展に出すのは、これが最後かも。なんて思ったりします。残念ですが、じっくり大きな絵に取り組む時間がどうしても取れません。
絵の中でも、水彩画は特に精神状態が如実に反映されます。大胆に描くか、繊細に行くか、両方の引き出しを常に開いておいて、判断する場面が多い。そこが面白いとも言える訳ですが、判断を誤ると絵が台無しになってしまったり。しかも、厄介なことに、やり直しが出来ない。ゆったり描いている時は、本当に楽しいんですが。時間がない、時間がないぞ~って思いながら描くと、全くうまく行きません。
歴史がある素晴らしい公募展なので、なるべく続けたいと思っているんですが、納得しない作品を出すのは大きなストレスになります。
搬入は、5/25ですが、搬入業者に頼むので、5/15には発送します。こうなってくると、直接持ち込める東京近辺の人が羨ましい。笑 
あともう少し、頑張ります。←まだ完成してない(ToT)


# by kulakula2011 | 2019-05-12 22:15 | その他


たま駅長で有名な小さなローカル線、和歌山電鉄貴志川線に乗ってスケッチに出かけます。和歌山の片田舎から発信する透明水彩と陶芸です。


by kulakula2011

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

自画像と小野月世先生の筆
at 2019-06-26 16:49
Charles Reidさんに
at 2019-06-13 12:20
第107回日本水彩展へ行って..
at 2019-06-09 18:42
使える100均画材
at 2019-05-16 22:49
第107回日本水彩展
at 2019-05-12 22:15

以前の記事

2019年 06月
2019年 05月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 08月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2016年 12月
2016年 08月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2015年 12月
2015年 04月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 02月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月

カテゴリ

全体
風景
静物
人物
陶芸
和歌山電鉄のこと
画材道具
その他
未分類

記事ランキング

メモ帳

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

検索

最新のトラックバック

ライフログ

タグ

その他のジャンル

フォロー中のブログ

小さな散歩
ちょっとシニアチックな水...
Akihiko Yama...
福井良佑の水彩画 Wa...
まめねこの日記
水々彩々、流れのままに。
デルフトブルー☆
空の鳥
文殊の綴り絵
はるさき水彩画blog
はる・なつ・あき・ふゆ
*sakuradome*
「夢舎」のつぶやき Ⅱ
こばやしのぞむ ブログ
彩りの日々
花の記
tedkimotoの水彩画
小林啓子水彩の部屋

外部リンク

ファン

ブログジャンル

アート・デザイン
陶芸

画像一覧